教育方針

《本校の教育目標》

 校訓「きたえみがく」のもと、めざす子ども像として「ころのやさしい子 ちこむ子 すけあう子」を育成する。

 

《経営方針》

 (ア) 体験的な活動を通して、豊かな感性及び自ら学ぶ態度を育成し、健やかでたくましい児童を育てる。

 (イ) 温かい人間関係の中で学年・学級のよさと一人一人のよさを伸ばし、「生きる力」を育てる。

 (ウ) 教師自身が「学ぶ」姿勢をもち、児童のよさを伸ばす指導・支援に努める。

 

《本年度の重点努力目標》

 (1)学校・家庭・地域が一体となって子どもを育てる

    ・睡眠時間の確保等基本的生活習慣の育成に向けて、家庭と連携・協力した指導に努める。

    ・登下校の見守り活動や挨拶活動を軸に、子どもたちと地域とのつながりを深める。

 (2)学習の基礎・基本を重視し、授業改善を通して確かな学力を育てる(知)

    ・主体的・対話的で深い学びの推進ときめ細かな学力を育てる。

    ・ICT機器を活用し、個別最適な学びと協働的な学びの両立を図る。

 (3)道徳・人権教育、体験的活動を通して、命を大切にする心、思いやりの心を育てる(徳)

    ・いじめや不登校等諸課題の未然防止・早期発見・組織的な対応に努める。

    ・互いのよさや違いを認め、温かい人間関係をつくる教育活動を展開する。

 (4)日常の遊びや体育的活動を通して、健やかでたくましい体を育てる。(体)

    ・体力や運動能力の状況を把握し、体力の向上に努める。

 (5)学級活動や縦割り活動・集会活動を通して、好ましい子どもの文化を創造する

    ・子どもによる自主的な活動の企画・運営を通して、楽しい学校づくりに努める。

 (6)特別な支援が必要な子どもへの支援を充実させる

    ・子どもの特性や状況を的確に把握し、自立と共生に向けた主体的な取り組みを支援する。

 (7)災害や感染症、危険なことから身を守る知識・意識・態度を身につけさせる

    ・異変に気づく感性と対応力を磨く安全教育・防災教育・健康教育の充実に努め、自分の命は自分で守る意識を高める。

 (8)多忙化解消に向けた取り組みを充実させる

    ・負担軽減が可能な業務を洗い出し、教育活動や文書事務のスリム化を図る。

    ・教職員の意識改革を積極的に推進し、共通理解を図りながら多忙化解消に努める。